経営計画

当社グループは、2021年4月を起点とする新たな中期経営計画を策定するとともに、10年後の当社グループのありたい姿を定めた、長期経営指針を策定いたしました。

長期経営指針

2030年度に目指すありたい姿に向けて長期経営ビジョンを策定。

長期ビジョンと2030年のありたい姿について。2030年までの期間を3つのフェーズに区切り、目標を設定した中期経営計画を着実に遂行します。

2030年度 計数目標実現イメージ

2030年度に向けて、売上高目標を450億円、営業利益目標を60億円として事業拡大を図ります。

中期経営計画

長期経営指針の実行プランとして、中期経営計画を策定。
第1フェーズは、‶成長基盤の構築“として成長への土台を構築。

本中期経営計画 は、第1フェーズとして、長期経営指針における成長基盤の構築を掲げ、当社グループが成長するための課題を明確にし、基盤の強化に取り組みます。

中期業績目標(概要)

第65期 中期業績目標(2024年3月期)

第65期 中期業績目標(2024年3月期)として、受注高目標350億。売上高目標340億。営業利益目標45億に設定しています。
2021年度実績 2022年度実績 2023年度実績 目標
受注高 350億
売上高 340億
営業利益 45億
ROE 10%以上

成長戦略 1.既存事業の強化

確実な収益確保 リニューアル、メンテナンス事業強化 マーケティング力、提案力強化 協力会社を含む体制強化 事業のデジタル化推進

成長戦略 2.拡大戦略の実行

更なる成長に向けた投資 産業システム分野の強化・拡大 NDグルーブの確立・子会社の体制基盤確立
産業システム関連事業を空調計装関連事業と並ぶ中核事業に成長させる。

成長戦略 3.ND企業文化の成長

安全衛生、品質向上 人材力の最大化 働き方、ワークライフバランス、健康経営の推進 ガバナンスの徹底 サステナビリティ経営の推進

サステナビリティ経営

持続可能な社会の実現と企業価値の向上を目指してサステナビリティを巡る課題に取り組む。
当社グループバリューチェーンによって創出される企業価値に基づき、マテリアリティの特定とESG・SDGsの関連を整理し、
当社の取組み事項を明確にしました。

ESG経営を通じてサスティナブルな社会の実現を目指し、サステナビリティ委員会設置し、社員への意識浸透、取り組み定着化などサステナビリティ経営を促進します。

IRに関するお問い合わせ

当社のIRに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
お問い合わせ受付後は、メールまたはお電話にてご連絡します。

電話でのお問い合わせ 03-5624-1100