省エネ

廃熱回収とは

工場などで不要になって排出される廃温水や大気中の熱を回収し、再利用することで廃熱を有効活用します。回収した熱を再利用することで温風と冷風を作るため、冷暖房等にかかるエネルギー量を削減することができます。
当社は、お客様の工場・プラント内の環境やご要望に応じた廃熱回収システムのご提案により、エネルギー効率の向上とコスト削減をお手伝いします。

膨張弁で冷やし、圧縮機で温めます
廃熱回収ヒートポンプの仕組み

WECON

  • ヒートポンプ乾燥システム
  • 廃熱
  • エコ乾燥
  • エコシロッコ

「WECON(ウィーコン)」は、コンバーター向けヒートポンプ乾燥システムで、 熱源機器に自然冷媒CO2を使用した(株)前川製作所のCO2熱風ヒートポンプ「エコシロッコ」を使用しています。軟包装印刷や多機能フィルムの製造、ラミネート等をおこなうコンバーティング業界では、 乾燥工程の空気加熱に化石燃料を消費していますが、WECONは、高効率のヒートポンプと蓄熱燃焼装置から回収した廃熱を利用することで、加熱に使用するエネルギーの使用量を削減し、CO2削減効果を実現します。

COP:約8、WECONは投入エネルギーの約8倍の熱風と冷水を出力します。
燃焼による加熱は投入エネルギー以上の出力を得ることはできません。
WECONだから実現できるCOP:4.5のエコ乾燥、工場のW(Double)エコに抜群の効果を発揮します。

  • COP(成績係数)=(加熱出力[kW]+冷却出力[kW])/消費電力[kW](空気入口温度20℃、熱風吹出温度80℃、熱源水出口温度25℃の時)

COP(成績係数)

COP8

温度域

60~120℃の熱風の供給温度域

外形寸法

W1,080×L1,560×H1,940

重量

製品重量 1,750(運転重量 1,760)

WECONは、株式会社前川製作所と共同開発・特許取得済みです。

効果・特徴

高効率ヒートポンプでエコ乾燥

投入エネルギーの4.5倍(COP:4.5)の熱風を発生します。限りある化石燃料を大切に!

冷水同時使用でさらにエコ

熱風と同時に冷水を発生します。冷水COPは空冷チラーと同等(COP:3.7)なのでWECONなら冷水と熱風のダブルで得られる分お得!

廃熱も有効利用

冷水を供給しない場合、廃熱を回収再生することにより環境にやさしい熱風を供給できます。

実績紹介

須田産業株式会社竜洋工場様

  • ヒートポンプの熱風を乾燥工程に利用
  • 排気の廃熱を回収しヒートポンプの熱源として利用
新規導入設備 CO2熱風ヒートポンプ(株)前川製作所製「エコシロッコ」 熱風80℃ 省エネ 蒸気ヒーター 熱風発生装置 乾燥吸収 グラビア印刷機 フレキソ印刷機 ドライラミネーター コーター 既設熱源機が追い焚きおよびバックアップ 省エネ 冷却設備(チラー・冷却塔) 冷水7~35℃ 空調 冷却 空調機

◇「平成22年度温室効果ガス排出削減量連動型中小企業グリーン投資促進事業費助成金」が交付されました。

冷水設備が無い場合でも導入できます。

熱源水を廃熱から熱回収 ヒートポンプ 熱風80℃ 蒸気ヒーター 熱風発生装置 乾燥給気 グラビア印刷機 フレキソ印刷機 ドライラミネーター コーター 熱交換器 熱源水30℃ 熱源水温度が上がり熱風効率UP 通常利用できない低温廃熱を有効利用
熱源水を地下水から回収 ヒートポンプ 熱風80℃ 蒸気ヒーター 熱風発生装置 乾燥給気 グラビア印刷機 フレキソ印刷機 ドライラミネーター コーター 地下水 熱源水15℃ 再生可能エネルギーである地下水から熱源を供給可能 地中熱・コジェネ廃温水などからも熱回収可能

エネルアシストH

  • ヒートポンプ乾燥システム
  • 廃熱
  • エコ乾燥
  • 熱Pu-ton

ヒートポンプ乾燥システム「エネルアシストH」は、熱源機器に三菱重工サーマルシステムズ㈱の熱Pu-tonを使用し、大気熱、室内・機器廃熱を利用して作られた熱風をグラビア印刷機やドライラミネーター等の乾燥工程に活用して、エネルギー使用量を削減し、CO2削減効果を実現します。
エネルアシストHは、機器を室内機と室外機へ分離し、省スペースで設置することが可能であるため設置工事費の低減が図れます。

室内機風量

18~50m3/min

吹出し温度

60~90℃

外形寸法(mm)

室外機: H2,048×W1,350×D720
室内機: H380×W1,150×D648

製品重量

室外機: 379kg 室内機: 66kg

室内機(熱風発生装置) ヒートポンプ室外機

エネルアシストHは、三菱重工サーマルシステムズ㈱・関西電力㈱・東京電力ホールディングス㈱・中部電力㈱との技術協力製品です。

効果・特徴

エコノミー&エコロジー

エネルアシストHは投入したエネルギーより大きな熱風を発生します。また、ヒートポンプ室外機を室内に設置した場合、廃熱を利用することができ、さらにエネルギーコスト、CO2排出量を大幅に削減することができます。

室内機と室外機の分離型

室内機(熱風発生装置)とヒートポンプ室外機のセパレートタイプになっているため、建物内外に省スペースで設置することができます。

設置が容易

システム全体が、シンプルな構造となっており、1日で接続が可能です。メンテナンスもエアコンと同等で、短時間で容易に行うことができます。

完全自動運転が可能

生産機器と連動し、稼働状況に合わせて自動で熱風の供給ができます。

システム例

設置イメージ ヒートポンプ室外機 熱Pu-ton(ねっプートン) 三菱重工サーマルシステムズ(株)から室内機に電気を供給。室内機から熱風を60~90℃で蒸気ヒーターを経由してグラビア印刷機、ドライラミネーター、オフセット輪転機等へ・

エネルギーマネジメントシステム(EMS)

  • エネルギーマネジメントサービス
  • クラウド型
  • 見える化
  • 使用電力削減
  • データ集約

お客様のビルや工場といった建物の電力、ガス、温湿度等のエネルギーデータをクラウド上で一元管理し、エネルギー使用状況の見える化(グラフ化)をご提供します。収集したデータを分析することで、お客様の施設に最適な省エネ化をご提案します。

見える化

エネルギー関連データを見える化します。

電力使用量抑制

電力デマンドレスポンス要請時に電力デマンド目標値を変更して電力の使用量を抑制します。

データ集約・一元管理

  • 計測データをグラフ化しWeb配信
  • レポート管理、Web配信

主な機能・サービス

  • PCでもタブレットでも閲覧可能
  • CSVファイルダウンロード
  • データ集計、エネルギー分析レポート作成
  • 遠隔からのデマンド目標値の操作
  • デマンドレスポンス(節電)要請時の通知・制御
お客様 データセンター 日本電技 お客様施設

効果・特徴

サイクリック制御による
空調機電力量の削減

空調機をグループに分け、設定した間隔でグループごとに停止することで室内環境(温度)を維持しながら電力使用量を削減します。

冷水弁・温水弁の再調整による
熱源負荷の低減

4管式の空調機は、温度を精密に制御するために冷温水を同時に循環させる場合があります(クロス制御)。
温度を制御しながら冷温水の同時循環を抑えることで電力使用量を削減します(V制御)。

補助金活用

  • 補助金
  • 設備更新
  • 環境対策
  • 初期導入費低減

省エネ補助金を活用し賢く設備投資を行いましょう!

省エネ効果が見込まれそうな大型設備機器を導入する場合、省エネ補助金を活用することで更新費用の負担が最大1/2程度削減することが可能です。最も採択率が高くなる補助金を選択するためには、最新の情報を収集することが大切です。当社はエネマネ事業者として補助金活用のノウハウを持っており、お客様の代行として補助金申請に必要な書類の作成や提出を行い申請から交付までサポートします。

事前準備 工事投資する設備概要を確定 金額を確定 補助金活用の選択肢を洗い出し お客様の意思決定 複数の補助金を併願することにより不採択リスクを分散化!! 不採択時は他の補助金の2次公募があればリトライできるかも! 毎年4月~補助金申請シーズン開始

当社へのお問い合わせ

ビルシステム、工場、物流において生産性向上、省エネ、省コスト等の施策をお考えのお客様は、こちらにご連絡下さい。
ご要望をお聞かせいただき貴社にあったソリューションをご提案させていただきます。

電話でのお問い合わせ事業推進部 産業ソリューション推進室 03-5624-1009